Discord Policeができるまで【前編】

はじめに

結構前からDiscordBotを作りたいなぁと思っていてやっと一つ作れたので、できるまでの道のりを書いていく。
(※なお単語リストを別にする方法もありますが、今回は一つのファイルにまとめたいのでこの方法です。)

Discord Policeはここから導入

用意したもの

・MacBook Pro
・Discordのアカウント
・自分が管理しているDiscordサーバー
・集中力

1.下準備

1.2 node.jsのインストール

とりあえずDiscordのBOTを作る前に何の言語で作るかを考えた結果JavaScriptが自分には良さそうだったのでDiscord.jsを使うことにした。
まずはnode.jsのインストールから。
以下のコマンドでnode.jsのインストールをする

・ターミナル

1.3 DiscordのAPI TokenとClietIDを取得しておく

DEVELOPER POTALで”Create an application”をクリック→"APP ICON""NAME"を決めて"Save Change"をクリック。
できたら画面の真ん中らへんにある"CLIENT ID"をコピー
次に左側にある"Bot"をクリック→"Add bot""Yes, do it!"をクリック。
その後、またまた画面真ん中らへんにある"TOKEN""Click to Reveal Token"をクリックしてTokenを取得。

2.とりあえずなんか作ってみる

2.1 以下の内容をコピペ

とりあえず実行

コピペが終わったら一回起動してみる。
起動は以下のコマンドで

とりあえずこれでBOT自体は動いているのでサーバーにBOTを招待。
以下の【ApplicationClientID】の場所に先ほどコピーしておいた"CLIENT ID"をペースト
https://discordapp.com/oauth2/authorize?&client_id=【ApplicationClientID】&scope=bot&permissions=0
そしてエンター。

うまくBOTがログインできていれば成功です!

ということで前編はここまで。暇があったらまた後半書きます。